現地視察、法人設立、営業支援まで!

 

株式会社ハートオブキング社は、アジア(主にインドネシア・カンボジア・ベトナム・ラオス・タイ・バングラディッシュ・スリランカ)を中心に、新興国との強いネットワークを有しております。これまでに培ってきた経験とノウハウ・強みを活かし、進出戦略の立案のためのマーケティングや現地企業とのマッチング、実務までをワンストップでご提供します。

当社のスタッフは、専門分野に特化した業界

(医療、学校、製造、物流、卸、IT、マスメディアなど)

および、政府プロジェクトへの参画実績あり


アジアへ!

なぜ今アジアなのか?

現在、インドシナ半島を縦断するメコン川流域の経済圏が活発化しています。
物流インフラの整備に伴い、「CLM」と呼ばれるカンボジア、ラオス、ミャンマーの3カ国と、経済発展で先行したタイ、ベトナムの一体化が加速。インドネシアに並ぶ経済圏になってきました。2014年4月に「第4回日本メコン地域諸国首脳会議」が東京で開催され、日本政府は、2015年を目標にメコン川流域に対する新たな協力指針『東京戦略2012』を採択することも決定しました。日本の開発援助で環境整備などが進み、アクセスも向上しています。今後、ODA(政府開発援助)資金の投入など、企業への海外進出への貢献が期待されています。

『積極的に!』

『チャンスを掴め!』

『メコン川流域圏が熱い!』

メコン流域圏への進出には、絶好のタイミングです。

海外進出概要


海外進出の流れ

弊社は、とりわけメコン地域諸国を中心としたアジアにおいて、法人設立前の市場調査からパートナー、代理店、卸売業者マッチング、プロモーション支援などのサポート実績があります。現在はインドネシア・カンボジア・ベトナム・ラオス・タイ・バングラディッシュ・スリランカなどの国で展開。日本語と現地言語に堪能な日本人スタッフが常駐しており、政府関係をはじめ様々な現地チャネルを活用することが可能です。進出支援サービスの主な流れは、以下の通りです。